インフォメーション

7月のつむぎ


梅雨があけたかと思うような晴天が続いた11日に
つむぎを開催しました。

暑い中、京都市内からも参加していただきました。

いつも通り今までの経過や現在の治療等をお聞きしました。
初めて来られた方だったのでじっくりお話をお聞きしました。

サロンには不安や不満を持って来られる方が多数です。

人にとっては些細なことでも本人にとってはどうしても!と
動かしようのない重要性を持つことがあります。
体調不良や疼痛があればなおさらの事です。

まずは 全部お聞きすると心がけています。

その中で気持ちの整理が出来ていく方もおられます。
第三者が肯定する事で冷静になれ落ち着かれる方もあります。

本当に 千差万別です。

少し冷静になり客感的に現状を把握できれば楽になります。

探してまでも初めての場所に来られたことは現状打破をされる
意志を感じました。 お役に立てたのなら嬉しく思います。


国立がん研究センター
がん情報サービス


京都府がん情報ネット

日本対がん協会

スマートフォンサイトへ