◎2016年1月のつむぎ

9日につむぎを開催しました。

寒さが和らいで日差しがあたたかでした。
近況報告の後、参加者のお一人から投薬について体調を
担当医に伝えたところ量を調節してもらい、
快復傾向にあるとおっしゃいました。

体調不良だと投薬を勝手にやめてしまいがちです。

どうしても1か100かと極端にとらえてしまいます。
自己判断ではなく主治医にささいな変化も相談してみましょう。

診察時間が短くてその場では緊張してしまって
なかなか伝えられない…とよくお聞きします。

そんな時は ぜひメモをしておき診察時に見せて下さい。

メモのコツは不調や変化を感じたその時すぐに書きとめること。
簡単な日記風にして時系列がひと目で分かるようにする事です。
診察時のメモは自分の覚書ではなく他者(主治医、担当医)に
理解してもらう為のものです。
それを念頭に自分なりに工夫してみて下さいね。

それから積極的に 治療に向かうには日常生活の工夫も必要です。
参加者も言われていましたが家族がいると気軽に休めない無理してでも買い物や家事をしてしまう…独居の方は何があっても1人の不安があり、家族がいるとなかなか自分の思うようにならない。

患者を取り巻く環境はさまざまです。
皆工夫をして生活をしています。

サロンでは自分の今の気持ちを言葉に出すことで
冷静に客観的に現状をとらえるお手伝いをしています。
1人で悩まず体調の良い時に参加してみてくださいね。

22日にともいき京都のイベントに参加しました。
月2回 第2、4金曜日に京都市内の京町屋で開催されています。

この日はリンパ浮腫の講義がありました。
25名程の方が参加されていました。
丁寧で分かりやすいお話をしてくださり、
参加者からも活発な質問が飛んでいました。
マッサージも教えてくださりアッという間の1時間半でした。
温かいお茶とお菓子をいただき
とてもアットホームな雰囲気で楽しかったです。
お茶をいただきながら初対面の方々と
交流もさせていただきました。

リンパ浮腫は予防が肝心だなと強く感じました。

終会後ともいきのスタッフの方とお話して
他の会との交流の大切さを痛感しました。

つむぎでは他の会の情報も積極的に提供していきます。

どうぞ気軽にお問い合わせください。

国立がん研究センター
がん情報サービス


京都府がん情報ネット

日本対がん協会

スマートフォンサイトへ