◎11月のつむぎの感想など

12日につむぎを開催いたしました。

紅葉見物に適した小春日和でしたが、参加者の方々と
楽しい時間を過ごしました。

近況報告のあと診察時の待ち時間が長い、服用中の薬の副作用など、
同じ苦痛や不安を共有しました。ある方が薬を長期間服用する不安や、
その副作用で生活上苦痛や不都合があること、だるさなどがあり、
趣味をやめてしまったことをお話されました。

治療にはかかせない薬も、効果と副作用は 背中あわせです。

生活に支障をきたすのであれば、主治医に申し出て、
変更などが可能か尋ねてみましょう。

その際、感情的に 「変えてくれ!」「やめたい!」と言わずに、
落ちついて 現状を伝え 生活改善のためにはどのような方法があるのか、
率直に相談してみてください。
診察時間が短くてなかなか話しにくい場合は、メモをしていき、
見てもらうのも効果的だと思います。 

いろんな方とお話していると、病や薬などを
『犯人』にしておられることが多いと感じます。

たしかに病は突然自分にふってきた、
悪魔のようにとらえてしまいます。 私もそうでした。
ただ原因をつかんで離さないでいると心が疲弊していきます。
どうしても変えられないこと、自分の力ではどうしょうもできないことは、つかみ続けずひとまず横に置いて、大切な 『いま』に集中してみることをおすすめします。

同じ思いで日常をおくる人との交流は、つかみ続ける気持ちを共有し、
また新たな気づきを得ることができると思います。





オープン日時
毎月第二土曜日午後1時〜4時
参加費 200円(お茶、お菓子付き)
お問い合わせは、
メール/info@kyoto-tumugi.net までどうぞ。



国立がん研究センター
がん情報サービス


京都府がん情報ネット

日本対がん協会

スマートフォンサイトへ