2月のつむぎと武田総合病院の音楽会の感想

13日につむぎを開催しました。

午後からお天気が崩れる予報でしたが、お集まりの方と
有意義な時間を過ごしました。

初めてお越しになられた方が、2度目の治療が一段落した今、
この年月を振り返り生活上の工夫などをお話して下さいました。

口内炎の時などはヌルヌル食材(オクラ、山芋など)を
とられていたとおっしゃって、同席の方が「さっそく やってみよう!」と言われていました。

同じ病でも 人によって環境や食生活、性格も異なるので、
一概にすべて効果があるとは言えませんが、
いろいろな体験を聞く事で得られる事は多くあります。

体験や情報を共有すると視野がひろがり、
治療にも積極的になれると思います。

今の自分の気持ちを言葉にすると、聴いてもらっている安心感と
ともに自分の言葉を聞いた自分自身が 冷静に客間的になり、
物事を整理しやすくなります。

聴いてもらえる幸せを感じ、安心して語れる場がサロンです。

これから暖かくなってきます。

初めての場所に参加するのはは少し勇気がいると思います。
体調が良い時にぜひお顔を見せてくださいね。



武田総合病院サロン 醍醐さくらの会主催の
『バレンタイン ミニコンサート』に参加してきました。


ピアノ演奏、ギターとウクレレ演奏、手品など多
彩で楽しい時間でした。

その中でも武バンの皆さんの演奏は特に感動しました。
サックス、トロンボーン、ユーフォニュームと、
日頃なかなか聞けない楽器でした。(↓写真は ユーフォニューム)

時間の関係で2曲でしたが、時間外でアンコールをし、
残っていた数人で演奏を堪能しました。
楽器にも触れられ、生の音は空気と心を震わすなぁと思いました。

つむぎでも演奏していただき
皆さんにも聞いてもらえればと思っています。

一期一会、共有できた時間に感謝してその喜びを噛みしめる。

その積み重ねが毎日生きることだと思います。

国立がん研究センター
がん情報サービス


京都府がん情報ネット

日本対がん協会

スマートフォンサイトへ