◎4月のサロンの感想等

9日につむぎを開催しました。

つむぎを始めて5年がたちました。
懇意にしている新聞記者の方に取材をしていただき、
8日の京都新聞にサロン開催の告知記事を掲載されました。
新聞記事を見たと問い合わせのお電話をたくさんいただきました。

新聞の影響力はすごいなぁ(笑)


そのような経過があり、 初めて参加の方々を交えて乳腺専門医を
お迎えしての 有意義な時間を共有できました。

特に有意義だなと感じた事は初めての方の中に、現在化学療法中の方がおられ脱毛の悩みをお話されていました。半年前に治療を終えられた方が「半年後には これ位にのびてきますよ。」と言われました。

その方の存在そのものが重みがあり説得力があります。参加者の顔がパッと晴れました。

医師には今受けている治療の悩みや不安を訴えておられ、それに対して丁寧にお応えされました。

つむぎは民家の1室で開催しているので医師も白衣ではなく、
リラックスしておられます。

皆さんが安心して悩みを話す場の提供を一番に考えています。

新聞記事を見てつむぎにご縁をいただき足を
運んでいただけたのはご本人さんのタイミングかなと感じます。
そんなたとえちいさなご縁でも大切にしていきたいです。



国立がん研究センター
がん情報サービス


京都府がん情報ネット

日本対がん協会

スマートフォンサイトへ