◎ ひとりごと

ひとりごと



新型コロナウィルスが世界中にひろがり恐怖もひろがり続けています。
ひとり一人が今できることを(特に手洗い)しっかりして
体調維持をいたしましょう。

1月からのドラマ『アライブ』をみています。

初回冒頭に主人公が患者会に参加する様子がありました。
「こんなことしてなんになるんですか?慰めあって!」という台詞があって
とてもドキッとしました。

私もサロンをはじめた頃から〈同病相哀れむ〉慰めあってるだけだ、
とよく言われました。 たぶん外からみたらそうなのでしょう。

ですが病気になり不安や葛藤を一人で抱えているのはとても辛いです。
自分は一人じゃない仲間がいる、と思えることは本当に心強いです。
ある信頼する方も困難な状況を少し話したら楽になったと言われていました。

つむぎでも他のサロンでも肩の力を少しぬける場をどうぞご活用下さい。
患者と家族、医療者の目線は異なります。

判断するのは『事の是非』であり
人の好き嫌いではないことも留意する必要がありますね。

国立がん研究センター
がん情報サービス


京都府がん情報ネット

日本対がん協会

スマートフォンサイトへ