関わりを大切にして

皆さんは、アサーションという言葉をご存知でしょうか。
自他尊重のコミュニケーション、さわやかな自己表現として用いられるのですが、 今、私たちの生活する日常は、
総じてコミュニケーションに起因する問題をたくさん抱えているように思います。

それゆえに、努めて対話を避けたり、関わりを持たないようにする人もおります。
コミュニケーションの「ひな型」を求めるのではなく、「感じてもらう」こと、 コミニュケーションのキャッチボール、
その最初のボールを受け止めること 次にゆっくりとかえす。その中でや肌感覚のコミュニケーション培っていけたら
と思います・・・。

▲ Go to PC ▲